【烏丸御池】(THIS IS)SHIZEN|新風館で自然が堪能できるボタニカルカフェをご紹介!

京都では、紅葉がとても綺麗で秋シーズンには観光客であふれ返るのが毎年恒例となっています。

しかし、河原町や烏丸御池のような繁華街では意外と自然を堪能することができないのですが、Nature・Craft・Artをテーマに食を提供してくれる(THIS IS)SHIZENというボタニカルなカフェを紹介します!

(THIS IS)SHIZENの基本情報

店舗名(THIS IS)SHIZEN
営業時間茶屋11:00-22:00   
植屋11:00-19:00
電話番号075-585-5226
住所〒604-8172 京都府京都市中京区場之町586−2 新風館 1階
アクセス地下鉄烏丸御池駅から徒歩2分
Google map
公式SNSインスタグラム

(THIS IS)SHIZENの魅力

カフェの固定概念を壊す斬新な切り口

スイーツを注文すると、店員さんが黒い椅子を持ってきてくれますが実は椅子としてではなく、机として活用します!

最初は、とても衝撃を受けましたが店にテーブルを置かないのは、各々の楽しみ方で自然を楽しめるように、とあえて試みているスタイルなんですね。

また、こちらのグレーの置き物は椅子として使用されており、(THIS IS)SHIZENが選ぶ植物たちも太古と現代、未来をコンセプトに選ばれているそうです。

店内に入ってすぐ見入ってしまうほど力強い存在感があるので、是非座ってみて欲しいです。

ユーモアたっぷりで美味しそうなメニュー

メニューの量はそんなに多くないですが、興味がそそられるような(THIS IS)SHIZENオリジナルのメニューがたくさんありますね。

時間帯によって違うのかもしれませんが、夕方の18時くらいに訪問すると、試作品のハーブティーがいただけました。

ハーブティーもとても美味しかったですが、今回はオリジナルメニューの中でも特にオススメしたい「カヌレ羊羹」をご紹介したいと思います!

(カカオ72%のカヌレ羊羹 350円)

一見カヌレのように見えますが、濃厚な生チョコを食べているような感覚でした。

カヌレ羊羹は以下の5種類になります!

チョコの種類%
キャラメルショコラカカオ30%
ジャワカカオ33%
エクアドルカカオ67%
サントメカカオ72%
エキストラビターカカオ83%

含有量や産地の違いで全然味が違うので、食べ比べ感覚でとても楽しいです。

(THIS IS)SHIZENオリジナルのハーブティーと一緒に食べるとすごく相性が良く大満足でした。

店頭では基本イートインですが、カヌレ羊羹は5種類セットのテイクアウトは可能です。

また5種類セットを通販で購入すると800円オフになるそうなので、ちょっとしたお土産に最適ですね!

豊富なグッズ販売

(THIS IS)SHIZENでは、パーカーやハンカチなどの衣類から植物の種まで幅広く展開しているので見ていて全く飽きないですね!

カフェの横には、植物の販売はもちろん同じ形が一つもない陶器もたくさん販売されています!

自然いっぱいの落ち着ける空間

(THIS IS)SHIZENのBGMはオシャレな音楽ではなく、大自然を感じさせるような鳥のさえずりや木々の音が流れているのでとても居心地がよかったです。

店員さんも気さくに話しかけてくれ、自然とみんなが優しくなるようなアットホームな空間がとても素敵でした。

そのためか老若男女問わず、色んな年齢層の方がカフェに立ち寄っている印象があったのでとても入りやすい空間になっているのではないでしょうか?

(THIS IS)SHIZENまとめ ユーモラスなカフェで自然と食を楽しもう!

(ずんだもち300円 赤酢のごはんと絹ごしお揚げいなり 200円)

いかがでしたでしょうか?

(THIS IS)SHIZENというカフェは、自分の固定概念がひっくり返されたような不思議な体験ができる場所だったように感じました。

(THIS IS)SHIZENは、東京で10年園芸店を営んできた造園家の齊藤太一さん、松江大輔さんによって「自然」をテーマにオープンしました。

10年という節目を迎えて行き着いた新しいカルチャーを是非体験してみませんか?

【烏丸御池】モダン&アーティスティックな新風館のカフェ・レストランを一挙紹介 【烏丸御池】新風館の中にあるお洒落なカフェ『cafe kitsune』で素敵な時間を過ごそう。 【ブルーボトルコーヒー京都六角カフェ】京都の町家をリノベート!和の空間を楽しめるブルーボトルコーヒーをご紹介 シンプルでお洒落なカフェ『here kyoto』|京都御池西洞院