【京都五条】LORIMER KYOTOで食べたおさかな朝ごはんが絶品!

京都のおいしいごはん屋さんをリサーチしていると、JR京都駅から徒歩10分のところに「おさかな」を使った朝ごはんが食べられるお店を発見!

その名も「LORIMER KYOTO(ロリマーキョウト)」さん。

今回は、こちらのお店でおいしい、おさかな朝ごはんを食べてきました。

控えめに言っても絶品です!

LORIMER KYOTOの基本情報

元々ニューヨークのブルックリンにある和食専門店「Okonomi(オコノミ)」が日本に逆輸入され、2018年にLORIMER KYOTOとしてオープン。

地産地消をテーマにした「おさかな朝ごはん」が楽しめる和朝食カフェ兼料理教室です。

お店では地元の人だけでなく、海外から来る観光客に和食の基本である一汁三菜などの定食を提供。

今回は、お腹を空かせるために、JR京都駅から徒歩で行きましたが、京都市営地下鉄五条駅からだと、より簡単にアクセスできます。

※現在は、新型コロナウイルス感染症対策のため、料理教室はされていません。

(2022年2月18日現在)

店名LORIMER KYOTO(ロリマーキョウト)
営業時間平日 8:00~16:00(15:30LO)
土日祝 7:30~16:00(15:30LO)
※現在時短営業中
定休日        なし
電話番号075-366-5787
予約
テイクアウトあり
住所〒600-8183 京都府京都市下京区橋詰町143
アクセスGoogleMap
京都市営地下鉄五条駅から徒歩5分
JR京都駅から徒歩10分
公式サイトhttps://inopla-japan.com/restaurant3.html
公式Instagramhttps://www.instagram.com/lorimer_kyoto/?hl=ja

古い街並みにも馴染むリノベーションされた町家

LORIMER KYOTOは、もともとあった京町家をリノベーション。

京町屋特有の瓦屋根や土壁といった味のある部分をのこしつつ、白い壁と大きなガラス窓をプラス。

ガラス窓からおしゃれな店内が見えるのが特徴的でした。京都の古い街並みにも馴染んだ外観です。

テイクアウトメニューが張り出されていました。(鯛の焼きおにぎりがおいしそう…)

丼の上に魚の字。遊び心がありますよね!

「和」を感じつつモダンな店内

LORIMER KYOTOの店内はテーブル席2つとカウンターがあります。
2階席はテーブル席のみになっています。

割烹料亭のような「和」を最初に感じるのですが、案内されたカウンター席に着くと、モダンなキッチンが飛び込んできました。

店内では、京町屋らしい坪庭が見られます。

カウンター席は調理風景が見られる

カウンターとキッチンには仕切りが無いので、スタッフさんたちの調理風景が広がっています。

大きな魚をさばいたり、食材を仕込んだりしている姿を見られるのはなかなか珍しいのではないでしょうか。

メイン3種類のメニューをカスタマイズできるおさかな朝ごはん

お店で注文できるメインのおさかな朝ごはんは次の通り。

  • 一汁三菜…今日のおさかな、ご飯、味噌汁、おかず3種
  • 一汁五彩…今日のおさかな、ご飯、味噌汁、おかず5種
  • 一汁五彩二魚…今日のおさかな、ご飯、味噌汁、おかず5種、今日のお刺身2種

京都の舞鶴で水揚げされた新鮮な魚を使った3種類のおさかな朝ごはんが食べられます。

また、ご飯は次の5種類から選べますよ!

  • 白米
  • ロリマーオリジナルブレンド七穀米
  • トウモロコシご飯(+300円)
  • 鯛の焼きおにぎり(+300円)
  • マグロのづけ丼(+500円)

※()内はすべて税抜き価格

メインだけでも満足できるおさかな朝ごはん。しかし中には、

「物足りない」

「デザートが食べたい」

と思う方もいるかもしれません。
そんな方は一品料理やデザートもあるので、カスタマイズしてみてはいかがでしょうか。

現在は感染症対策で提供されていませんが、お酒も飲めますよ。

今回、私は一汁三菜のおさかな朝ごはんをセレクトしました。

丁寧に作られたおさかな朝ごはん

しっかり味が漬かった魚と三種のおかずを見ると、どれも丁寧に作られていることがわかります。

この日食べたものはこちら!

  • 焼き魚(赤ガレイをオレンジ、醬油、バジルに漬け込んで焼いたもの)
  • ご飯(ロリマーオリジナルブレンド七穀米)
  • 赤カブとわかめの味噌汁
  • 浅漬け(ディル風味)
  • たまごやき
  • 菜の花のおひたしクリームチーズのっけ

この中で、特に絶品だったのは……?

赤ガレイをオレンジ、醤油、バジルに漬け込んで焼いたもの

お刺身でも食べられる新鮮な赤ガレイを、オレンジ、醤油、バジルに一晩漬け込んでグリルされた焼き魚は驚くほどおいしかったです。

最初、魚をフルーツとあわせるとスタッフさんから説明を受けたとき、

「え?魚とフルーツってあうの?」

と気になっていたのですが、いい意味で裏切られました!

赤ガレイの身を噛みしめると、ほのかに香る柑橘の香り、魚の旨味が口いっぱいにジュワッと広がります。

あまりのおいしさに、お箸が止まりませんでした。

たまごやき

「卵に牛乳を加えて低温のオーブンで焼いたものです」

とスタッフさん。見た目は豆腐のような形なのですが、口に入れるとこれまた驚き!

プリンと茶碗蒸しを足して2で割ったような滑らかさ。

ほんのり卵と牛乳の甘みのする、おいしいたまごやきでした。

赤カブとわかめのお味噌汁

おさかな朝ごはんに付いてきた赤カブとわかめのお味噌汁は安心する味でした。

丁寧に摂られたお出汁と麹味噌と白味噌の2種類が使われているのだとか。

また、鼻から抜ける鰹節のいい香りがたまりません。

朝にぴったりのお味噌汁です。

栄養バランスもよく、味付けも素晴らしいおさかな朝ごはんでした。

ただ、心残りがあるとすればスタッフさんの一言。

「昨日だったら、新鮮な赤ガレイのお刺身が提供できたんですけどね(笑)」

……悔やんでも悔やみきれません。

まとめ

今回は、JR京都駅から歩いてLORIMER KYOTOさんのおさかな朝ごはんを食べに行ってきました。

地産地消がテーマになっているこちらのお店では、舞鶴産の新鮮な魚を珍しい方法を用いて、丁寧に調理。

味わい深いおさかな朝ごはんは絶品です!

ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

【京都市内】和食の朝ごはんをいただけるお店をエリア別に紹介!お手頃・早朝営業も 【五条】ハシヤとナカセ|子どもと一緒に過ごせるイタリアン酒場