【京都二条城エリア】こだわりのあんこ菓子がそろう都松庵を紹介!


京都の二条城エリアは、歴史ある和菓子屋が多く並んでいます。

そんな中、あんこ本来のおいしさが味わえる、創業72年の歴史を持つあんこ屋が手がける、あんこ菓子専門店「都松庵(としょうあん)」がありました。

都松庵では、あんこのよさが際立つ和菓子はもちろん、優しい味わいの洋菓子が併設されているカフェでいただけますよ。

本記事では、こだわりのあんこ菓子がそろう都松庵をご紹介します。

おいしいあんこ菓子を食べたら心がほっこりすること間違いなし!

都松庵の基本情報

写真提供:都松庵

以下の情報は、2022年4月現在の情報になります。

店名都松庵(としょうあん)
営業時間平日 10:00~18:30
土日祝 10:00~18:30
(パンケーキのラストオーダー16:30、その他ラストオーダー17:00)
定休日第1水曜日(月により第2)
電話番号075-811-9288
物販あり
住所〒604-8333
京都市中京区堀川三条下ル下八文字町709 都壱番舘三条堀川1階
アクセスGoogleMap
京都市営地下鉄東西線「二条城前駅」より徒歩5分
公式URLhttps://www.toshoan.com/
公式SNSTwitter

Instagram

Facebook

堀川三条に店を構える都松庵の歴史

”京のあんこ屋”の呼び名を持つあんこ屋から誕生

京都地下鉄東西線「二条城前駅」下車後、二条城とは反対側、堀川通りを5分歩くと創業72年の歴史を持つあんこ屋が手がける、あんこ菓子専門店「都松庵」があります。

都松庵を手がける「都製餡(みやこせいあん)」は、自然な味わいと風味豊かなあんこで京都の地元に住む人々の評判を呼び、「京のあんこ屋」として長年にわたり親しまれていました。

現在も全国のお菓子屋あんこを卸していますが、昔は本店で炊いたあんこの量り売りなどもしていたのだとか。

これが前身となり、1988年にあんこやぜんざいの販売だけでなくあんこ菓子を販売するアンテナショップ「都松庵」をオープンさせました。

今も進化している都松庵

都松庵は、あんこが苦手な人にも食べやすいようかん・クッキー・ケーキなどを開発し、カフェ併設のあんこ菓子専門店に2012年リニューアルオープン。

写真提供:都松庵

魅力的なあんこ菓子が生まれる中、「もっと地元の方に食べてもらいたい」思いから、2016年には都松庵のパッケージをリブランディング。

パッケージは、京都に住んでいる人目線で新しい京都を感じられるデザインが採用されています。

素朴さを残しつつ、現代的に生まれ変わったパッケージに合わせ、2018年に店舗も再リニューアルオープンしました。

白い壁・木の椅子が並ぶ内装は、パッケージが引き立つよう計算されたデザインに。

京都の人々が親しみを持って商品を求める都松庵は、今も進化しています。

なお商品パッケージ・内装デザインを手掛けたのは、京都の企業を中心にラベルやパンフレットのデザインを行う株式会社サノデザイン事務所・サノワタル氏。

都松庵のあんこへのこだわり

写真提供:都松庵

良質な水があんこのおいしさのかなめ

小豆のおいしさを残しながら、優しいうまみが味わえる都松庵のあんこ作りに欠かせないのは、小豆・砂糖・水の3つの素材です。

特に水はあんこ作りのかなめになります。大量の小豆を炊くには、大量の良質な水が必要です。

写真提供:都松庵

そのため、粒あん・こしあんは、鈴鹿山系の伏流水に恵まれた滋賀県東近江市で、生あん(※)は、良質な地下水が流れる京都東山の地で毎日作られています。

写真提供:都松庵

※生あんとは:砂糖を加える前の白あんのこと

素材の特徴を引き出したこだわりのあんこ

都松庵の赤あんは、3種類の小豆が使用されています。

粒あん菓子には、皮の食感をしっかり感じられる優しい味わいの北海道産のブランド種、「エリモショウズ」を。
こしあん菓子には、小豆をこすと綺麗な紫色に発色する、風味豊かな北海道産「シュマリショウズ」が使われています。

あんこの缶売りや最中セットには、産地証明書付きの最高級「丹波大納言小豆」。

また、お菓子作りに適している白こしあんには、ミネラルを豊富に含んだ、「白いんげん豆」が使われています。

都松庵では、素材の特徴を引き出したこだわりのあんこや、あんこ菓子が並んでいました。

都松庵こだわりのあんこ菓子

見た目・食感・味わいが楽しめる、ひとくちようかん

おしゃれに並んだひとくちようかん(715円税込み)は、シュマリショウズを使ったこしあん、白いんげん豆を使ったリンゴ、ゆず、抹茶の4種類(※セットのフレーバーはお選びいただけません)。

ようかんの多くは、ねっとりとした口当たりのものが多いと思います。

これは、ようかんを作る際に餡をしっかり練る手法が取られているためです。

ところが都松庵では餡を浅練りにして、ようかんを作ります。

そうすることで、スッキリとした口当たりと、さっぱりとした味わいに。

さっぱりとした都松庵の「ひとくちようかん」は、煎茶・ほうじ茶のような日本茶はもちろん、コーヒーとの相性も抜群です。

「ひとくちようかん」には、食感のよいナッツ類が添えられています。

カリッとした小気味よいナッツの食感と、後味がすっきりしたひとくちようかんのマリアージュが楽しめるのは都松庵だけです。

あんこと向き合った先に生まれたグルテンフリー菓子

都松庵で取り扱っているお菓子は全てグルテンフリー。

健康志向の方や、小麦アレルギーの方にも美味しくいただけるお菓子が並んでいます。

ですが、都松庵ではもともとグルテンフリーを目指したわけではありませんでした。

都松庵で使われている生あんを「どうすればお菓子に活かせるのだろう」と突き詰めた結果、小麦の代わりに生あんを使用するように。

写真提供:都松庵

小麦の代わり生あんを使用したあんこ菓子は、あんこの風味がきいた素朴で優しい味が楽しめます。

都松庵のあんこ菓子は、あんこと向き合い続けた結果、グルテンフリーにたどり着いたのでした。

写真提供:都松庵

米粉のスフレパンケーキ プレーン(880円税込み)、小麦粉不使用。

ショーケースに並ぶお菓子もグルテンフリー。

まとめ

パッケージにこだわり、素材にこだわり、あんこと向き合い進化する都松庵。

老若男女問わず、おいしくいただけるあんこ菓子の種類に驚かされました。

あんこの魅力を最大限に活かした都松庵のあんこ菓子は、見た目や食感が楽しめるうえに、一口食べると心がほっこり。

また、小麦を一切使用しないあんこ菓子が並んでいるので、健康志向の方や小麦アレルギーの方にもおすすめです。

おいしいあんこ菓子を堪能したい方は、ぜひ都松庵に足を運んでみてください。