【SUI東山】季節折々に変化する「アート」なカフェをご紹介します!

2021年4月にオープンしたばかりの「SUI東山」というカフェをご存知でしょうか?

「SUI東山」は、芸術のトータルプロデュースカフェとして、料理・音楽・空間の全てが芸術家の作品をモチーフに表現されています。

表現する芸術家は、四季ごとに変わりますがアール・ヌーヴォの代表画家『ミュシャ』をテーマにしたサービスが人気を博しているそうなので、「SUI東山」のアートな料理や空間をご紹介していきましょう!

基本情報

店舗名 SUI東山
営業時間平日  11:00-17:30(Lo. 16:45)
休日  11:00-18:30(Lo. 17:45)
電話番号075-746-2771
住所〒605-0028
京都府京都市東山区分木町74
アクセスGoogle Maps 
公式SNSInstagram

Twitter

『ミュシャ』について知る

『ミュシャ』は、19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパで広がった「アール・ヌーヴォ」(新しい芸術)という芸術運動にて優美な女性像を描いた代表的な画家です。

女性の手など繊細な描写を印象的に表現しており、日本でも圧倒的人気を誇っていますね!

SUI東山の魅力

春は『モネ』、夏は『ゴッホ』、そして秋から人気がすごすぎて今年の3月まで延長することになったアール・ヌーヴォの代表画家『ミュシャ』をテーマにした料理と空間について詳しく見ていきましょう。

芸術家の作品をモチーフにしたお料理と空間

純粋な心と星屑 〜薔薇のカクテル〜 ¥1,000

今回は、ミュシャの『椿姫』を表現したカクテルを昼間からいただいてきました!

薔薇のリキュールを使用しており、一口飲むと口の中で薔薇の味が華やかに広がります。

ただアルコールは20度以上と強めのため、飲んだ後に少し頭がクラクラしてしまうお客様もいるそうです。

甘くてグイグイ飲んでしまいがちですが、ちょっとずつ飲んだ方が良いかもしれませんね。

薔薇のカクテルの横に星型のラムネが用意されていますが、作品の背景に散りばめられている星の装飾を表現したものだそうです!

実際にカクテルの中に入れてみると、シュワシュワッと泡立つのでより幻想的なドリンクになりました。

『ミュシャ』の繊細な部分にまでこだわっているところが、「SUI東山」の魅力の一つと言えますね!

他にもミュシャの『ロレンザッチオ』をモチーフにしたアイリッシュコーヒーや『シャンパン・ホワイトスター』をイメージした林檎と葡萄のパフェなど美味しそうなメニューがたくさんあります。

芸大に通う学生や若手アーティスト作品の展示

現在、フローラルデザイナーとして活躍している「みやび美歩」さんの作品が窓辺や和室の奥、玄関などに合計6点展示されています。

近くで見ても生花にしか見えないほどリアルに制作されていますが、実は「布」で表現されているんです!

繊細で美しい花々は、もちろんミュシャの作品をモチーフに制作されているので、お越しの際には、是非近くでご覧になってみてくださいね。

「みやび美歩」さんのInstagram↓

https://instagram.com/miyabi_miho?utm_medium=copy_link

「みやび美歩」さんの他の作品がたくさん載っているので、気になった方は是非フォローしてみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「SUI東山」の繊細なこだわりが記事だけでも垣間見えたのではないかと思います!

「SUI東山」のメニューや空間は四季ごとに全て変わるので、リピートしても全然飽きないのが良いですね。

季節限定だけてはなく、レギュラーメニューも続々と増えているので必見です!

最寄りの東山駅の近くでは、「京セラ美術館」をはじめ、芸術的なイベントが開催されています。

祭日は、平安神宮でフリーマーケットも開催されているのでアートな1日を過ごせるかもしれませんね!

京都デートには文句なしのイベントや建物がたくさんあるので、スケジュールが充実すること間違いなしです。

「SUI東山」の『ミュシャ』を表現した空間やお料理は、今年の3月までなので是非訪れてみてはいかがでしょうか?

京都市内で2021年にオープンしたおしゃれなカフェ6選 東山エリアでランチ!おいしいパスタが食べられるお店5選! 【ソムリエが選ぶ】京都・東山でワインに力を入れているイタリアン3選