【京都聖護院エリア】120g Bánh MÌ Kyotoでベトナムのソウルフードを堪能!

数年前から、ベトナムのソウルフードであるバインミーの専門店が日本でも見かけられるようになりましたね。

最近では、京都市内にもバインミー専門店がオープンしています。

今回は、2021年2月11日にオープンした京都大原の有機野菜をふんだんに使った120g Bánh MÌ Kyoto(ヒャクニジュウグラムバインミーキョウト)で美味しいバインミーを堪能してきました!

120g Bánh MÌ Kyotoの基本情報

写真引用:https://120g-banhmi.com/2021/02/08/hello-world/

2021年2月11日にオープンした京都の聖護院エリアの120g Bánh MÌ Kyoto。

120g Bánh MÌ Kyotoで使われている野菜は京都大原の有機農家と契約している有機JAS認証済みの野菜が使われています。

さらに、栄養価の高い発酵食品も取り入れたバインミーなので美味しいだけでなく健康にもいいのが特徴です。

店名120g Bánh MÌ Kyoto(ヒャクニジュウグラムバインミーキョウト)
営業時間AM11:00~完売まで(新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業時間を短縮中)
定休日        木曜日
電話番号075-708-8085
電子マネー決済
予約
テイクアウト
住所〒606-8394 京都市左京区聖護院東寺領町 6-2
アクセスGoogleMap
公式サイトhttps://120g-banhmi.com/
公式SNSFacebookInstagramTwitter

120g Bánh MÌ Kyotoはどんなところ?

京都の京阪電鉄神宮丸太町駅から徒歩4分、または京阪電鉄三条駅から徒歩8分の川端通から冷泉通に入った疎水沿いに120g Bánh MÌ Kyotoはお店を構えています。

今回、三条駅から歩いていきましたが、少し距離がありました。(体感時間10分~12分)

レンガ調の建物とグリーンがかったネイビーのオーニングテントが貼られた120g Bánh MÌ Kyotoの店舗は、どこか懐かしい感じがする外観です。

120g Bánh MÌ Kyotoの店内

120g Bánh MÌ Kyotoはレトロな外観とは打って変わって、店内は観葉植物やドライフラワーが天井や窓といたるところに飾られており、ボタニカルな空間です。

また、120g Bánh MÌ Kyotoは、イートインスペースが5席ほどのこぢんまりとしたお店でした。

窓に飾られた観葉植物がかわいい

120g Bánh MÌ Kyotoのバインミー

120g Bánh MÌ Kyotoでは、4種類のバインミーが食べられます。

  • クラシックバインミー
  • どっさり有機野菜のバインミー
  • 乳酸発酵すぐきバインミー
  • 京都富屋の有機しば漬けバインミー(期間限定)

単品での提供は勿論、スープまたはドリンクだけのセット、スープとドリンクが一緒になったセットから選ぶことが可能です。

スープは、日によって変わるので公式SNSで確認するといいでしょう。

どのバインミーにも、パクチーとトウガラシが入るのですが事前にスタッフさんが、

「パクチーと唐辛子をはさんでも大丈夫ですか?」

と確認してくれるので、苦手な方は省きましょう。

今回は、クラシックバインミーとパッションジュースのセットを注文しました。

ボリューム満点なのに軽いクラシックバインミー

パンから具材がはみ出しそうなボリューム満点のクラシックバインミー。

中には、レバーパテや大根とニンジンの酢漬け、赤カブ、カブの葉、パクチー、ベトナムハム、トウガラシが入っています。

パンは、トーストされているの一口頬張ると

「カリカリッ」

小気味の音が。

表面はカリカリなのに中はムチッとした食感のパンは、噛めば噛むほど小麦の風味が口の中に広がります。

大根とニンジンの酢漬けの甘酸っぱさ、パクチーの清涼感、トウガラシの辛さ、コリコリ食感のベトナムハムはやみつきになる味です。

3種のソースで味変可能

120g Bánh MÌ Kyotoでは、バインミーに合うソースが3種類用意されています。

  • シーズニングソース(バインミー定番のソース)
  • 米酢
  • ヌクマム(旨味が詰まったベトナムの魚醤)

個人的におすすめなのは、旨味の強いヌクマム。具材にかけて食べるとふわっと香る独特の香りがクセになりました。

ハス茶をテイクアウト、アツアツです!

120g Bánh MÌ Kyotoスタッフさんのきめ細やかなサービスに感動!

120g Bánh MÌ Kyotoはバインミーが美味しいだけではありません。店内の仕組みが分からず戸惑っていたらすぐに説明してくれたり、テイクアウトのお客さんの対応も

「車までお持ちしますので、車内でお待ちください。」

と声をかけたりと、スタッフさんのきめ細やかサービスに感動!京都のおもてなしの文化を感じられる、素敵なお店でした。

バインミーはベトナムのソウルフード

バインミーの起源は19世紀、およそ半世紀に渡ったフランスの植民地時代にフランス人が持ち込んだ食文化との融合で作られたのが始まりです。正式表記はBánh mìで、「パンの餅」を意味します。

バインミーはもともとパンの総称でしたが、いつしかフランスパンの中に具材を挟んだベトナムのソウルフードに変化しました。

バインミーは、レバーパテや野菜、香草、ハムをはさみヌクマムをベトナムの魚醤「ヌクマム」をかけるのがオーソドックスな食べ方なのだとか。

まとめ

京都聖護院エリアにある120g Bánh MÌ Kyotoは、京都の有機野菜を活かした美味しいバインミーが食べられるお店です。

味だけでなく、きめ細やかなサービスも素敵な120g Bánh MÌ Kyotoは、何度でも足を運びたくなりました。

体と心にやさしいバインミーをぜひ味わってみてくださいね。